集客力が期待できるサークルホームに管理業務を任せてみよう

少額資金で大家になる

ウーマン

政府が進めているマイナス金利政策の影響を受けて、大家業に興味を持つ人が増えてきています。銀行の普通預金の金利もついにゼロになりましたから、預金以外の方法で資産運用しようと考える人が増えるのはある意味で当然の流れです。しかし、賃貸物件の所有者になるためには、まとまった額の資金が必要になります。賃貸マンションを1棟買いする場合はもちろんのこと、ワンルームマンションのオーナーになる場合でも、頭金などで最低でも500万円前後の初期費用を用意する必要があります。機関投資家からすると500万円など微々たる金額ですが、個人投資家にとっては決して安くはない金額です。でも、みんなで大家さんという名前の金融商品であれば、1口100万円から投資することができます。わずか100万円の投資で大家業を始めることができるため、みんなで大家さんが大人気になっています。

みんなで大家さんは、元本保証がある金融商品ではありません。みんなで大家さんの場合、3年満期の商品が大部分を占めていますが、3年後に投資した資金全額を必ず返してもらえるという保証は全くないことになっています。しかし、優先劣後システムが採用されていますので、実質的には元本保証されているのと何ら変わりのない状態になっています。また、みんなで大家さんを購入すると、年に6回の利益分配を受けることができます。これまでのところ、想定分配率を下回る分配が行われたことは1度もありませんので、信頼することができます。おまけに、申し込み手数料も無料になっています。投資対象が不動産だということで不安を感じる人もいますが、レジデンスではなく複合商業施設や店舗、事務所などを主な投資対象にしていますので、安定的に収益を出せています。